業務内容

SPR工法は、生活に密着した下水道、農業用水等の老朽化した管路に対して施工を行うことにより管路を再生します。非開削かつ通水しながらの施工が可能であるため、近隣の生活環境への影響も少なくなります。また、円形管だけでなく、馬蹄形渠のような非円形管も施工が可能です。
オメガライナー工法は、老朽化したコンクリート、鋼管などの小口径管路をΩ状に折りたたまれた形状記憶塩ビ管を使用して再生します。形状記憶塩ビ管は、加熱のみでΩ状から円形に復元し、強度・耐久性・耐震性に優れた塩ビ管路となります。非開削で施工が可能であるため、近隣の生活環境への影響も少なくなります。
エポマー工法は、超耐酸性の修復モルタル、素地調整剤及びエポキシ樹脂による塗布型ライニング工法で10年保証に対応するコンクリート防食を目指します。又、ピンホール・塗り斑防止の施工管理技術を組み合わせることにより、ガラスクロス・ガラスマットを使用しないノンクロス工法の採用が可能です。
現在、管路施設は、上水道・下水道・農業用水など、多岐にわたって使用されています。しかし、管路も長年使用していくなかで劣化していきます。そこで、管路の現在の状態がどのようになっているのか?その状態を調査します。
アーバンノーディッグ工法は、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の1つで、交通規制を行いにくい道路縦断等を非開削でポリエチレン管を地中に引き込む工法です。従来の開削工事で発生する、掘削・土留め・残土処理を最小限で施工できるため、近隣の生活環境への影響も少なくなります。
リテラ工法は、建設現場においてそのままでは使用できない発生土を現場でリサイクルする工法です。このため、発生土の処分と移動を行わなくてよいだけでなく、新たに土を現場に搬入する必要が無く、自然環境への影響を少なくすることが可能です。
普段の生活で使用している道路も、長期の使用により悪くなった箇所がでてきます。そこで、道路の維持・補修を行い道路を良好な状態にします。